高級車に乗っている場合

付けておきたい特約はあるか

高級車の場合、当然のことながら購入費用は高額になります。そんな高級車を不運にも購入直後に全損してしまったら、そのショックは計り知れません。全損でなくても、大規模な修理が必要となる場合も大差ありません。このような事態に備えるための特約が新車特約です。保険会社によって呼び方が若干異なることがあります。この特約は車両保険が適用される事故であることが前提となりますが、車の再購入費用を保険金として受け取れるものです。ただし、契約車の新車価格相当の金額が上限として設定されています。それでも高級車の場合、新車価格相当の金額も高額となるため、再購入費用の大半をカバーすることができるこの特約は魅力的だと言えます。

特約は見直しをすることも大切

高級車に乗る限り、新車時と同じ特約を付け続けるというのは考えものです。いくら高級車と言っても、月日の経過とともに時価は下がっていきます。一部プレミアのつくような車種では、時価が上昇するというケースもありますが、一般的には下がってしまいます。それに伴い、保証金も下がっていくため、自動車保険の更新時のタイミングくらいで特約を見直すことも大切です。いつしか特約があまり効果のないものになってしまっていることもあるからです。 また、保険金を受け取るとノンフリート等級が3等級下がるのが一般的です。これは保険料が上がってしまうことを意味します。保険料と特約内容をトータル的に考えて、あまり有益でないと判断した時は、特約を外して更新することも良い選択肢であることがあります。