自分以外の家族も運転する場合

家族限定で保険の適用を行う特約はある

自動車保険は車の使い方やライフスタイル、ライフステージに合わせて特約の付け替えをしたほうがいいでしょう。たとえば、独身時代は自分だけで運転する車だったのが、結婚して配偶者も同じ車を運転するようになった場合、自動車保険の見直しが必要です。 1人暮らしの人の場合、自動車保険を契約するときに、本人限定割引によって契約者だけが保険を利用できることになっています。しかし、家族も同じ車を運転する場合、家族にも保険が適用するようにしなければ、万が一事故を起こしたときに自腹で車の修理をしたり、対人事故などの場合の補償を行わなければなりません。そのようなことを避けるために、自動車保険で家族にも対応する形の特約を付ける必要があります。保険会社によって家族限定を取り扱っていない場合もあるため、契約内容を見直すときに確認してください。

家族限定割引がなくても年齢を特約に

家族限定割引制度を取り扱っている保険会社の場合、適用範囲として本人限定、本人と配偶者のみ適用される配偶者限定、本人と配偶者、および同居の親族と別居している未婚の子供まで含まれる家族限定といった限定が存在します。この割引制度を利用していることで、保険の金額は大幅に変わりますので、注意してください。なお、適用範囲が広ければ広いほど保険の金額は高くなり、適用範囲が狭ければ狭いほど安くなります。 家族限定割引を適用していない会社の場合、年齢制限だけで割引が適用されますので、事前に確認してください。年齢条件としては21歳・26歳・30歳・35歳以上の人が運転するときのみ補償をおこなうことになります。自分の車をどの年齢の人が運転するのか話し合い、一番低い年齢の人で設定することで保険が適用されるでしょう。